鈴木自動車総業とSDGs

対応するGOALターゲット

エネルギーをみんなにそしてクリーンに

再生可能エネルギー、エネルギー効率、石炭や石油を使う場合のより環境にやさしい技術などについての研究を進め、その技術をみんなが使えるようにし、そのために必要な投資をすすめる。

気候変動に具体的な対策を

温室効果ガスの排出は今や史上最高のレベルにある。世界の温度の上昇をできれば摂氏1.5度以下に抑え、地球の温度を上昇させないようにするため、気候変動のペースを緩め、持続可能な低炭素未来に必要な行動と投資を強化する。

気候変動の原因となっている温室効果ガスは人々の衣食住や移動といったライフスタイルにも起因していると言われているため、EV、PHEV又はFCVなどの次世代車両の推進やそれに伴うインフラ整備への理解は業界必須のものとなりました。これらの正しい知識と技術の習得を進んで行っています。また、工場内天井の照明を水銀灯からLEDに変更するなど、低炭素未来に向けた設備への投資を続けています。
※EV(電気自動車)、PHEV(プラグインハイブリッド車)、FCV(燃料電池車)

再生可能エネルギー、エネルギー効率、石炭や石油を使う場合のより環境にやさしい技術などについての研究を進め、その技術をみんなが使えるようにし、そのために必要な投資をすすめる。

温室効果ガスの排出は今や史上最高のレベルにある。世界の温度の上昇をできれば摂氏1.5度以下に抑え、地球の温度を上昇させないようにするため、気候変動のペースを緩め、持続可能な低炭素未来に必要な行動と投資を強化する。

次世代車両や最新技術への取り組みを積極的に行い、IT機器を用いたデータベースやシステムを構築します。速やかに知識と技術を習得をすることで無駄を省くことが出来るため、労働時間の短縮にも繋がっています。
これら次世代車両の増加に伴い、今後の産業構造や経済社会の発展につながり、環境と経済の好循環を生み出すという発想の中、業界も共に資質の向上に取り組んでいきます。

国際的な取り決めにしたがって化学物質やあらゆる廃棄物(ごみ)を環境に害を与えないように管理できるようにし、人の健康や自然環境に与える悪い影響をできるかぎり小さくする。

さまざまなパートナーシップの経験などをもとにして、効果的な公的、官民※、市民社会のパートナーシップをすすめる。
※官民のパートナーシップ:政府や自治体などの公的機関と民間の企業などによる協力

廃資材を極力少なくするため、リンク品など質の高いリサイクルパーツを積極的に活用します。タイヤや廃油、リサイクル部品も正しいマニフェストに基づいた処理を行える業者へ再生部材として流通させ、業界における相互協調関係を活性化していきます。

「SDGs」について詳しく(国際連合広報センターHPへ)
Testimonial 1

さらに詳しく知りたい方

大型車のトラブルを解決する、さまざまなサービスをご用意しています

Testimonial 1
安心してお任せください

創業50年余 誠実に ひたむきに 車社会の安全を守り続けます

Client 1
Client 2
Client 3
Client 4
Client 5
Client 6

お問い合わせ

大型車のことなら、まずはお気軽にお問い合わせください。