コストを抑える選択肢の一つ

エンジン載せ替え

車のエンジンが壊れた場合、同型エンジンを載せ替えるという方法があります。同じ車種の同型エンジンなら、馬力や排気量が変わることはなく、載せ替え以前と以降で保安基準上の変更点はほぼないため、車検時に特別な申請をする必要もありません。

※ 料金につきましては、お車の種類や、新品・中古品・リンク品(オーバーホール済の中古品)などによって異なります。お気軽にご相談ください。

こんなときはご相談を…

1 異音がする(カタカタ、ガタガタ etc.)
2 エンジンが止まった
3 エンジンの吹けが悪い・燃費が異常に悪くなった・パワーがない
4 他で新品に交換を勧められたが、できれば安価で修理したい

作業工程

Engine

1.マフラーやプロペラシャフトを取り外します。

Engine

2.トランスミッションを取り外します。

Engine

3.エンジン周辺の補機類を丁寧に取り外します。

Engine

4.動かなくなったエンジンを降ろします。

Engine

5.手前が届いた中古のエンジンです。きれいです。使える部品は移して使います。

Engine

6.各部品の取付けが完了したら、載せていきます。

Engine

7.慎重に位置を合わせて降ろしていきます。

Engine

8.トランスミッションをしっかりあわせて取付けます。

Engine

9.外していた補機類をエンジンに繋ぎ、元に戻していきます。

Engine

10.細かい部品もしっかりと。

Engine

11.各部の接続をチェックし、試運転をして完了です。

新品のエンジンはとても高価です。中古品やリンク品(オーバーホール済の中古品)も、しっかりしたものが多数ありますので、コスト削減をご希望のお客様にはこちらをお勧めしております。お気軽にご相談ください。

Contact

お問い合わせ

大型車のことなら、まずはお気軽にご相談ください

電話で相談する(055-977-1181)

受付時間: 9~18時 / 年中無休 / 大型連休を除く

さらに詳しく知りたい方

大型車のトラブルを解決する、さまざまなサービスをご用意しています

DPFマフラーリフレッシュ清掃
ディーゼルエンジンのインジェクター洗浄
トラックの荷台の張り替え
エンジンの載せ替え