forklift repair

フォークリフトの修理

フォークリフトには、労働安全衛生法により一年に一度の特定自主検査(年次点検)が義務づけられています。不具合があると合格できないため、修理が必要な場合があります。年式によっては部品が少なく、少々お時間いただくこともあります。まずはご相談ください。

※ 料金につきましては、故障の詳細や部品などによって異なります。

施工例①

年式:不明

T様

1.水漏れがあるということで修理を承りました。

2.ラジエーターから圧をかけ水漏れの位置を特定していきます。

3.予想通りビニールテープが巻かれていた箇所からかなりの水が…

4.古いラジエーターホースを外します。

5.新しいラジエーターホースと交換します。

6.他に原因がないかの確認作業。ラジエーターに水を入れ、再度圧をかけて調べます。

7.手前に映っているのがエンジンのエアダクトです。まだダメになっていませんが劣化が進み、これも交換となると高価なため補強しておきました。

8.経年劣化していたファンベルトの交換も行い、作業終了です。

Contact

お問い合わせ

大型車のことなら、まずはお気軽にご相談ください

電話で相談する(055-977-1181)

受付時間: 9~18時 / 年中無休 / 大型連休を除く

さらに詳しく知りたい方

大型車のトラブルを解決する、さまざまなサービスをご用意しています

DPFマフラーリフレッシュ清掃
ディーゼルエンジンのインジェクター洗浄
トラック荷台の張り替え
エンジンの載せ替え